【コストを抑えたリノベーションの極意②】もちろん、設計もとっても大切!

【コストを抑えたリノベーションの極意②】もちろん、設計もとっても大切!
リノベーション
さて、コストを抑えたリノベーションのお話としては2回目の話になります。

二回目は、設計のお話をしていきたいと思います。

設計に関しては、中古を買ってリノベーションをする時に、一番面白い所でもあり、自由な家の設計ができて、わくわくするところです。
 
はい、その設計に関してですが、コストを抑える為にもとても大切な要素になります。
 
少し例を挙げて解説をしていきたいと思います。

メリハリをつけて設計を考える!

【コストを抑えたリノベーションの極意②】もちろん、設計もとっても大切!
例えば、このLDKの画像と

 
【コストを抑えたリノベーションの極意②】もちろん、設計もとっても大切!
このLDKの画像。
  • 上の写真は、コストはあまり気にせずに設計したもの。
  • 下の写真は、コストDOWNをかなり意識した設計をしているもの。
 
になります。
 
***

何が違うかというと、
  • 上の写真はオーダーキッチンを採用していて
  • 下の写真は見えませんが、裏側に標準的なシステムキッチンを採用している
という違いがあります。

***
 
はい、

コストダウンのポイントを一言で言えば、

見せる場所と見せない場所のメリハリがあるかないか?
 

です。
 
どちらが良い悪い、あくまでコストダウンを意識したら、です。
 
例えば、先ほどの写真。

上の写真だと、キッチン本体はオーダーキッチンになりますが、こういったキッチンはメーカーさんのキッチンの中でもかなり価格が高いグレードのものになり、下手をすれば、キッチンだけで何百万円とお金が必要になってきます。
 
一方で、


こちらのキッチンに関しては、LDKからは見えない位置にあるので、標準的なキッチンにしました。
標準的なキッチンであれば、キッチンの本体価格は30~50万円程度ですみます。

ただ、

そのキッチンが見えないように、リビング・ダイニング側からグルっとタイルを貼って隠しています。

、、、タイルのインテリア費用は少しかかってきますが^^;


***

こういったメリハリが設計のタイミングで出来るかどうか?

が、コストカット方法としてはとても重要になってきます。


キッチンだけで何十万円~何百万円と変わってきます。はい、もう少し、この見える所と見えない所の話をしてみたいと思います。

例えば、収納の棚はどうでしょうか。
【コストを抑えたリノベーションの極意②】もちろん、設計もとっても大切!
こういった収納を設ける場合と
【コストを抑えたリノベーションの極意②】もちろん、設計もとっても大切!
こういった収納を設ける場合の違いです。


■ 上の写真は収納の中を扉で隠していて、

■ 下の写真は扉はつけずに、見える収納にしています。

この扉をつけるつけないでも、費用は大きく変わってきて、数十万円の違いになることも出てきます。

***

はい、

収納棚もできれば見えない所に配置した方が予算は抑えられます。

収納が見えなければ、こちらもカーテンやロールスクリーンなどで隠すようにもできますし、

、、、最近では、敢えてオープン棚を見せる。

という選択肢もあったりもしますし、生活しながら、好きなデザインのカゴでカスタマイズしていく。
という方法も出てきたりします。

収納の折れ戸一枚で5万円ぐらいかかってしまうので、そういった所を積み上げて計算していくことがコストを抑える為の工夫になります。

上手く隠しつつ収納を確保する、というのが設計でとても重要になってくるという事になります。

はい、コストを抑える極意の2回目は

設計

でした。

こちらも、大切になってきますので、意識していただければと思います。
WORKS MORE