不動産に必要な自己資金っていくら必要??

不動産に必要な自己資金っていくら必要??
『中古を買って、リノベーション
  、、、いくらの自己資金があればいいんだろう?』



今回は、不動産購入やリノベーション工事などなど、

不動産購入に対しての自己資金に関しての話をしてみたいと思います。

***

■ 不動産購入に必要な自己資金

まずは、不動産購入に関しての自己資金ですが、

□ 頭金

基本的には頭金というのもが必要になってきます。

頭金の額に関しては、売買代金の5%、10%(通常は10%を超える頭金は少ない)が基本です。

例えば、2000万円の物件であれば、100万円(5%)、200万円(10%)という頭金が必要になってきます。

ただ、こちらに関しては、売主さんの納得、が大きく関係してきます。中には、『30万円でいいよ、50万円でいいよ。』という場合も出てきます。

*ただし、この頭金ですが、契約時の手付金という性質を持つため、解約手付の意味も持ちます。そのため、あまりに低い頭金で設定すると、双方の解約がしやすくなる性質も出てきてしまうため、少し慎重に検討したいところです。

***

□ 諸費用

次に必要なのが、諸費用ですね。

不動産購入に伴う諸費用の中で一番大きいものは、不動産屋さんに支払う必要のある仲介手数料になります。

通常、大きな不動産会社さんの場合、仲介手数料の半金を契約時にもらい、引き渡し時に残金をもらう場合も多く、


例えば、2000万円の仲介手数料は、2000×3%+6万円に消費税になりますので、66万円+消費税になります。

頭金(売買契約時)として必要なのは、その半額ですので、33万円に消費税が必要になってきます。

***

あと細かく必要になってくるのが、

□ 契約の印紙代

で、

・売買契約時の印紙代1万円

・住宅ローンの為の金消契約時の印紙2万円

の3万円が自己資金で必要になってきます。

その他、所有権移転費用、火災保険などの諸費用なども必要になってくることもありますが、これらは住宅ローンで賄うことも可能になります。

これらを考えると、

不動産の購入に伴い必要な自己資金ですが、最低でも100万円前後は必要になってくるともいえそうです。

*もちろん、『、、、極力、、、できれば全部!住宅ローンで賄いたい!』という場合も出てくるかと思いますが、そのためには、不動産屋さん選びと売主さんへの納得、売買スピードなど、いろいろと考える必要が出てきます。

リノベーションに必要な頭金

次にリノベーション工事に関しての頭金です。

□ 頭金

こちらも、契約金額の5%、10%が通常の頭金として必要な費用といわれています。

例えば、リノベーション工事に500万円の工事費用が必要であれば、25万円(5%)、50万円(10%)という費用になってきます。

リノベーションは建築会社さんとの請負契約になってきますので、こちらも、解約手付という意味も出てきます。

***

□ 契約書の印紙代

契約書に印紙代も必要ですね。印紙代は契約代金にもよりますが、500万円以下の工事であれば、1000円となります。

***

□ その他、家具や家電、引っ越し費用

こちらは直接的な費用ではないかもしれませんが、家具、家電、引っ越し費用なども必要な手持ち資金となります。

***

はい、という事で、いろいろと自己資金が必要になってきそうですね。

一般的に言えば、不動産購入、リノベーション工事費用、の二つで200万円ぐらいの自己資金を持っているといろいろとスムーズに事が進めるように感じます。

*もちろん、『自己資金ゼロ』という買い方もありますので、絶対ではありません。また、自己資金に対してのご相談にも対応しておりますので、気軽にご相談いただければと思います。
 

不動産+リノベーションに必要な頭金

不動産に必要な自己資金っていくら必要??
はい、という事で、上記二つをまとめると、

□ 不動産の購入で100万円程度

□ リノベーション費用で50万円程度

の二つの頭金というのを用意しておくのが一般的です。

*リノベ不動産のように不動産もリノベーションも一つの会社で完結できる場合はまた違いますが、一般的にはどちらにも必要な頭金、少し考えておきたいところかと思います。


***

リノベ不動産|スローライフ

リノベ不動産|スローライフでは、中古の不動産を買って、リノベーションをする際、すべての工程をワンストップ(弊社のみ)で完結することができます。


『なるべく自己資金は使いたくない!』という頭金などの問題に対してもご提案をさせていただくこともしております。もし、ご興味をお持ちいただければ、一度、気軽にご相談いただければと思います^^
 
WORKS MORE