【名古屋市昭和区御器所】中古マンションリノベ:01.解体

【名古屋市昭和区御器所】中古マンションリノベ:01.解体
リノベーション:昭和区御器所
解体写真01

名古屋市昭和区御器所での中古マンションのリノベーション工事が先日始まりました。

解体工事自体は3日で終わり、次の作業は現地での墨だし。

*墨だし:現場は解体で出たほこりなどが多く、実際は養生テープで、部屋の配置や大きさの確認をしてく。

解体工事に関しては、

□ 事前にマンション管理組合に工事の届け出

□ 近隣挨拶

をして、特に問題なく工事も終わることができました^^

*集合住宅となるマンションであることはもちろん、コロナの影響もあって、日中家にいらっしゃる方も多い時期でしたので、解体工事は平日の、時間も10時~17時までとして、慎重に工事をさせていただきました。

***
 

解体後の配管

【名古屋市昭和区御器所】中古マンションリノベ:01.解体
*解体工事の写真02

マンションの場合、解体してみて初めて、配管経路や床の深さが判明するところも出てきます。

ですので、実際の解体の際には、私たちもドキドキ。

ある程度いろいろな想定をしていつつも、ふたを開けてみれば、弊社の予想通りにことが進んで少しホッとしました。

***

リノベーションで一番気を付けないといけないのが配管経路や解体後のスケルトンの状態だったりしますので、ここをどのように考えるのかは事前打ち合わせとリスク回避も含めて大切なところです。

ただ、事前の打合せでリスクばかりをとってしまうと、なかなか思い切ったリノベーション工事ができないので、いろいろな想定を考えつつ、打合せしていく必要がありますね。

***
 

解体後の床の状態

【名古屋市昭和区御器所】中古マンションリノベ:01.解体
今回のマンションは、コンクリートに直貼りの床でした。

*直貼りの床:マンションの床の張り方は大きく2つに分けることができ、コンクリートの構造の上に、木の枠組みをつくってその上にフローリングを張っていく方法と、コンクリートの構造の上に、遮音材を敷いて直接フローリンクを張っていく方法。(多くのマンションで直貼りを採用していたりします。)

打合せのタイミングでこの直貼りを想定してのマンションリノベーション計画をしていましたので、問題ありませんが、実際に解体してみて、『やはり』という感覚です。

リノベーションの間取り考える上で、床の状況によっては、フロアを高くしたりする必要がありますので、そういったところも考えておきたいところです^^

*今後、実際の工事写真とともにいろいろとご紹介していきます。

***


■ リノベ不動産|スローライフ

弊社では、

中古住宅(マンション)を購入してリノベーションする。

という、これまであまり選択肢に入ってこなかった新しい住宅購入のありかたをご提案しています。

もし、ご興味ありましたら、気軽にお問合せいただければと思っています。
WORKS MORE